刑事

刑法

数々の冤罪を作り出した刑事「紅林麻雄」を知っているか

 紅林は静岡県に生まれ、そのまま静岡県の刑事となる。  紅林麻雄紅林 麻雄(くればやし あさお、1908年 - 1963年9月)は、日本の警察官。静岡県警察部から国家地方警察静岡県本部を経て静岡県警察に所属した。最終階級は警部。担当した事...
刑法

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について  はじめに 一 本件公訴事実の概要 二 公職選挙法の事後買収罪の成立要件について 三 選挙人および選挙運動者買収罪の成立要件について 四 本件の事案における検察官の主張について ...
刑法

刑事判例を法学部生にもわかりやすく解説「強盗の要件,領得意思,事後強盗etc.」

強盗罪の要件たる暴行・脅迫(1)(最判昭和23・11・18刑集2巻12号1614頁) 【事実の概要】 被告人Xは、YおよびZと共謀の上、某日午前1時頃に時計商A方勝手口から屋内に侵入し、YとZはそれぞれ草刈機を、XはナイフをAに突き...
刑法

刑事判例資料集を法学部生にもわかりやすく解説「不法原因給付,キセル,無銭飲食,誤振り込み,詐欺etc.」

不法原因給付と詐欺罪(最判昭和25・7・4刑集4巻7号1168頁) 【事実の概要】 被告人は、経済統制法規によって取引が規制されている錦糸1梱(こん)半を闇相場の54万円で買い受ける契約をし、2万円(手付金)を渡した。被告人は、...
刑法

刑事判例資料一覧「社交儀礼か賄賂か」「「職務に関し」の定義」etc.

賄賂罪の客体(最決昭和63・7・18刑集42巻6号861頁) 【事実の概要】  Xは、旧大蔵省証券局証券監査官として有価証券届出書および有価証券報告書の審査等を担当していた。A社は、自社の株式を東京証券取引所に上場させようとし...
刑法

刑事重要判例資料集 解説付き「犯人の意義 隠匿・証拠隠滅 虚偽供述etc.」

「犯人」の意義(最判昭和24・8・9刑集3巻9号1440頁) 【事実の概要】 被告人Aは、恐喝事件の被疑者として逮捕状を発せられていたBを、逃走中であることを認識した上で自己の家に一定期間宿泊させてこれを蔵匿した。  原審東京...
タイトルとURLをコピーしました