刑法

刑事判例を法学部生にもわかりやすく解説「強盗の要件,領得意思,事後強盗etc.」

強盗罪の要件たる暴行・脅迫(1)(最判昭和23・11・18刑集2巻12号1614頁) 【事実の概要】 被告人Xは、YおよびZと共謀の上、某日午前1時頃に時計商A方勝手口から屋内に侵入し、YとZはそれぞれ草刈機を、XはナイフをAに突き...
刑法

刑事判例資料集を法学部生にもわかりやすく解説「不法原因給付,キセル,無銭飲食,誤振り込み,詐欺etc.」

不法原因給付と詐欺罪(最判昭和25・7・4刑集4巻7号1168頁) 【事実の概要】 被告人は、経済統制法規によって取引が規制されている錦糸1梱(こん)半を闇相場の54万円で買い受ける契約をし、2万円(手付金)を渡した。被告人は、...
刑法

刑事判例資料集を法学部生にもわかりやすく解説「三角詐欺,詐欺罪,etc.」

クレジットカードの不正使用(最決平成16・2・9刑集58巻2号89頁) 【事実の概要】 被告人は、面識のないA名義のクレジットカードを入手した直後、加盟店のガソリンスタンドにおいて、同店店員Bらに対してこのカードを提示して、名義人A...
刑法

刑事判例資料集を解説 法学部生の試験対策にもお役立ち「不法領得の意思,横領罪,背任罪etc.」

不法原因給付にかかる物件の横領(最判昭和23・6・5刑集2巻7号641頁) 【事実の概要】 AおよびBは収賄罪を行い、それを隠蔽するために、岩国警察署司法主任等を買収するための2万2千円の金銭を被告人に渡した。被告人は、それを保管中...
刑法

刑事判例資料集を解説「有償処分のあっせん罪,盗品保管罪,建造物の意義etc.」法学部生の試験対策に

有償処分のあっせん罪の成否(最決平成14・7・1刑集56巻6号265頁) 【事実の概要】 A株式会社は、平成12年11月15日深夜から翌日にかけて、約束手形181通を盗まれた。被告人らは、この盗難があった同年12月上旬頃までの間に、...
刑法

刑事判例集を法学初修者にもわかりやすく解説「放火罪 不燃建造物 建造物の現住性 公共の危険」

放火罪の既遂時期(最判昭和25・5・25刑集4巻5号854頁) 【事実の概要】  昭和22年2月5日、被告人Xは、Yが家族とともに数日前から居住していた建物に放火して、これを焼燬(しょうき)しようと決意し、作りかけの5合枡に底...
刑法

「フォト・コピーの文章性 通称の扱い 補助公務員の権限 事実証明書の意義etc.」刑事判例資料を法学部生にもわかりやすく解説

フォト・コピーの文書性(最判昭和51・4・30刑集30巻3号453頁) 【事実の概要】 行政書士である被告人は、供託金の供託を証明する文書として行使する目的をもって、地方法務局の供託官Aが作成したA名義の真正な供託金受領書から、...
刑法

刑事判例資料集を解説付きで紹介「人格の同一性 わいせつとは 資格の冒用 有価証券偽造etc.」

顔写真の使用と人格の同一性(最決平成11・12・20刑集53巻9号1495頁) 【事実の概要】 別件で指名手配を受けて逃走中であった被告人は、「A」の偽名を用いて就職しようと考え、虚偽の氏名、生年月日、住所、経歴等を記載し、被告人の...
刑法

刑事判例資料一覧「社交儀礼か賄賂か」「「職務に関し」の定義」etc.

賄賂罪の客体(最決昭和63・7・18刑集42巻6号861頁) 【事実の概要】  Xは、旧大蔵省証券局証券監査官として有価証券届出書および有価証券報告書の審査等を担当していた。A社は、自社の株式を東京証券取引所に上場させようとし...
刑法

刑事重要判例資料集 解説付き「犯人の意義 隠匿・証拠隠滅 虚偽供述etc.」

「犯人」の意義(最判昭和24・8・9刑集3巻9号1440頁) 【事実の概要】 被告人Aは、恐喝事件の被疑者として逮捕状を発せられていたBを、逃走中であることを認識した上で自己の家に一定期間宿泊させてこれを蔵匿した。  原審東京...
タイトルとURLをコピーしました