刑法

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1)

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1) アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1)――帝国議会議事堂放火訴訟においてマリヌス...
ネットで話題

話題の3COINSのシリコンたわし。なぜどこにも売っていないのか

 3coinsに売っている「シリコンたわし」が、簡単に汚れが落ち、洗浄機に入れれることができるため衛生的であるとして、インスタ等で話題になりました。  しかし、どこの3coinsを探してみても、売り切れ状態に。 公式Twitt...
刑法

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について  はじめに 一 本件公訴事実の概要 二 公職選挙法の事後買収罪の成立要件について 三 選挙人および選挙運動者買収罪の成立要件について 四 本件の事案における検察官の主張について ...
刑法

営業秘密不正領得罪の要件である「不正の利益を得る目的」の意義 事例とともに

営業秘密不正領得罪の要件である「不正の利益を得る目的」の意義  【事実の概要】A自動車会社に勤務する被告人は、B自動車会社への就職することが決まり、平成25年7月31日付けでAを退職することとなった。なお、被告人はBにおいて海外で車...
刑法

被害者が解放後に主体的に行う能動的行動に向けられた暴行・脅迫の程度と強盗罪の成否

被害者が解放後に主体的に行う能動的行動に向けられた暴行・脅迫の程度と強盗罪の成否 【事実の概要】 被告人は、A、B及びCらと共謀の上、被告人、A及びBが被害者の顔面等を手拳で多数回殴打して同人に加療6週間を要する傷害を負わせるととも...
刑法

ヘルムート・オルトナーから学ぶ、日本が死刑を廃止すべき理由

ヘルムート・オルトナー 国家が人を殺すとき--死刑、世界の現実、そして日本が死刑を廃止すべき理由  二〇一七年一二月一六日の穏やかな冬の日、私は東京にいた。日比谷図書文化館で「過去の克服」をテーマに開催される公開討論会に出席するため...
刑法

刑事重要判例を解説 試験対策にも「偽装心中,自殺関与,胎児傷害,危険運転致死,凶器準備集合罪,etc.」

偽装心中と殺人(最判昭和33・11・21刑集12巻15号3519頁) 【事実の概要】 被告人は、交際中の女性Aとの関係を清算するために、別れ話を持ち出したが、Aに断られ、逆に心中を迫られた。被告人はその熱意におされて、心中することを...
刑法

刑事判例を法学部生にもわかりやすく解説「監禁,脅迫,強制わいせつ,住居侵入,etc.」

監禁罪の保護法益(京都地判昭和45・10・12刑月2巻10号1104頁) 【事実の概要】 被告人は、某日の午後6時過ぎ、Aの住居に侵入し、Aに包丁を突き付けるなどして脅迫し、金員を強取しようとしたが、Aが1才7ヵ月の息子Bを残して、...
刑法

刑事判例を法学部生にもわかりやすく解説「名誉毀損,公共の利害,侮辱罪,公務執行妨害,偽計業務妨害,etc.」

名誉毀損罪における公然性の意義(最判昭和34・5・7刑集13巻5号641頁) 【事実の概要】 被告人は、昭和31年4月6日、午後10時過ぎ頃、自宅から10メートルほど離れた場所で菰(こも)が燃えているのを発見し、消火に向かった。そ...
刑法

刑事判例資料集を解説「窃盗罪,委託物横領,占有離脱物横領,不法領得の意思,etc.」法学部生の試験対策にも活用可能

窃盗罪の保護法益(最決平成元・7・7刑集43巻7号607頁) 【事実の概要】 被告人は、客に対して、客が所有する自動車の時価の2分の1ないし10分の1程度の融資金額を提示し、買戻し約款付き自動車販売契約書に署名捺印させて、金銭を融資...
タイトルとURLをコピーしました