刑法

刑法

数々の冤罪を作り出した刑事「紅林麻雄」を知っているか

 紅林は静岡県に生まれ、そのまま静岡県の刑事となる。  紅林麻雄紅林 麻雄(くればやし あさお、1908年 - 1963年9月)は、日本の警察官。静岡県警察部から国家地方警察静岡県本部を経て静岡県警察に所属した。最終階級は警部。担当した事...
刑法

ハイコ・マース*  「ローゼンブルクの記録」――連邦司法省は1950年代および60年代にナチ時代とどのように関わったか、それは現代にいかなる政治的結果をもたらしたか

  目 次 一 研究者への委託 二 委員会の研究方法 三 研究の結論:77パーセントが元ナチ党員 四 人的連続性がもたらした不幸な結末 五 重くのしかかる法律家による民主的再生の阻害 六 今日の法律家:単なる法の技術者以上の存在 七 現代...
刑法

現代ドイツ史の深層に迫る問題提起の書 平和とは何か ナチスは何をしたのか

現代ドイツ史の深層に迫る問題提起の書(「図書新聞」2018年7月7日号第4面)  1933年1月30日、アドルフ・ヒトラーが首相に就任し、ナチ党が政権の中心に座る。これにより、ワイマール共和国に終止符が打たれ、独裁と人権抑圧、民族排...
刑法

没収対象としての犯罪行為の「供用物件」の意義と認定方法

没収対象としての犯罪行為の「供用物件」の意義と認定方法 【事実の概要】 被告人は、某日、某所において、強姦未遂罪(件数は不詳)、強姦罪1件および強制わいせつ罪3件を犯し、その様子を被害者に気付かれないようデジタルカビデオセッ...
刑法

甦る法律家フリッツ・バウアー ――ナチの過去の克服をめぐる近年のドイツの法事情――

甦る法律家 フリッツ・バウアー――ナチの過去の克服をめぐる近年のドイツの法事情――  1 忘れられた法律家 戦前のナチの不法な過去と絶縁し、戦後のドイツ社会と司法を民主化するために命がけで闘った法律家がいた。フリッツ・バウアーである...
刑法

道交法上の救護義務違反の罪の要件の「直ちに」の意義と認定方法

【事実の概要】 被告人は、同乗者と飲酒した後、自動車を走行していたところ、2人組の男がW交差点で青色信号に従って横断していた際、対面信号が赤色にもかかわらず通過したため、2人組の男がタクシーに乗って被告人の車を追いかけてきた。被告人...
刑法

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(2・完)

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(2・完) アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(2・完)――帝国議会議事堂放火訴訟において...
刑法

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1)

アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1) アンドレアス・ロート あの時、法であったものが、今になって不法であるなどありえない(1)――帝国議会議事堂放火訴訟においてマリヌス...
刑法

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について

公職選挙法における事後買収罪の解釈論上の問題について  はじめに 一 本件公訴事実の概要 二 公職選挙法の事後買収罪の成立要件について 三 選挙人および選挙運動者買収罪の成立要件について 四 本件の事案における検察官の主張について ...
刑法

営業秘密不正領得罪の要件である「不正の利益を得る目的」の意義 事例とともに

営業秘密不正領得罪の要件である「不正の利益を得る目的」の意義  【事実の概要】A自動車会社に勤務する被告人は、B自動車会社への就職することが決まり、平成25年7月31日付けでAを退職することとなった。なお、被告人はBにおいて海外で車...
タイトルとURLをコピーしました