精神薬「イフェクサー」の断薬方法を画像を交えて解説

お薬

 イフェクサーって離脱症状がとっても辛いですよね。シャンピリ(頭がシャンシャンなる感覚)や、吐き気、耳鳴りなど、様々な離脱症状に襲われます。

 なのでイフェクサーの断薬に失敗した人も多いのでは?

 ここではそんなイフェクサーの断薬方法を解説します。

焦ってはいけない

 断薬するには、少しずつ量を減らしていかなければなりません。しかし、早く断薬したいがあまり、極端に量を減らしてしまうと離脱症状が重症化してしまいます。

量を少しずつ減らす

まずは2錠を1錠に減らしてみましょう。

 例えば、黄色シートの75㎎カプセルを2錠(合計150㎎)飲んでいる人は、1錠だけ飲む。

 これを1~2週間程度続けます。 

75㎎の次は、緑色シートの37.5㎎を1錠飲む。これも1~2週間続ける。

(元から緑色シートの人は、次の段階へ)

 

規則正しく飲まず、24時間以上の間隔をあけて飲む

 体を断薬に慣らすために、「1日1回飲む」ということをやめて、「2日に1回」「3日に1回」というように間隔をあけましょう。

1錠をさらに細分化

間隔をあけると同時に、薬の量も段階的に減らしていきます。

 「1錠をどうやって減らすの?」

と疑問に感じると思いますが、以下で超簡単な手順を解説します。

まずはハサミで切る

 ハサミで以下のように上部を切ります。

 画像では、完全に切れてませんが切り落としてください。

中身の粒を自分の好みの量にする

中身は以下のように粒がたくさん入ってます。

 これをいくらか捨てて、自分の好みの量にします。

 段階的に捨てる量を多くしてください。

飲むときは「折る」

 そのまま服用すると、胃に到達する前に溶けてしまうので、以下のように、上部を折ってください。

 とにかく段階的に、少しずつ減らすことが大事です。

最後の最後は「我慢」

 薬の量を減らすとこまで減らせた方は、後は我慢あるのみ。

 離脱症状は1週間程度でおさまるはずですので、根気強く頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました