法学部生必見 刑法の答案の書き方「不法領得の意思 業務上横領罪」

不法領得の意思

 甲は、A社で金庫の管理を任されていたが、その中の金銭等を使うには上司乙の許可が必要だった。ある日、甲は乙にひどく怒られたため、腹いせに金庫内の小切手を隠して乙を困らせてやろうと思って、金庫から50万円の小切手を取り出した。しかし、騒ぎになるのをおそれ、すぐに金庫に返した。その後甲は、乙から、翌日までに金庫から30万円をB社の銀行口座に振り込むよう言われ、金庫から金を持ち出した。しかし、銀行へ行く途中、未納の携帯電話料金を今日振り込まないと電話が止められてしまうことに気づいた。そこで甲は、日ごろから「金ならいつでも貸してやる。」と丙が言っていたのを思い出し、自分には十分な持ち金も預金もないが、帰ったら丙から借りて振り込めばよいと考えて、持ち出した金の一部を使用して未納料金を支払った。帰宅後、甲は丙に金を借り、翌日B社の銀行口座に30万円を振り込んだ。

 甲の罪責を論じなさい。

論点

(1)甲が禁錮から50万円の小切手を取り出し、それをすぐに金庫の返した行為

(2)甲がB社の銀行口座に振り込む予定の金銭で携帯電話料金を支払った行為

答案構成

(1)甲が禁錮から50万円の小切手を取り出し、それをすぐに金庫の返した行為

1問題提起

 甲の行為は窃盗罪にあたるか、それとも業務上横領罪にあたるか。

2概念・制度の説明

 窃盗罪とは財物に対する他人の占有を侵害して、それを自己または第三者の支配領に移転する行為である。業務上横領罪は、業務として他人の財物を占有する者が、それを領得する行為である。甲は会社の金庫の管理を任されていた。その金庫の中の小切手は甲が占有しているのか。それともその使用の許可を判断する上司乙が占有しているのか。

3事実の認定とその評価①(財物の占有)

 甲は会社の金庫を保管することを任されていたので、金庫は甲によって占有されている。しかし、その中の小切手の使用は、上司乙の許可が必要であった。このようにあり、甲と乙の間に上司・部下の関係があり、金庫の小切手の使用権限が乙にある場合、小切手の占有は乙にあり、甲は補助者でしかない。このような場合、金庫の小切手を持ち出す行為は、乙の占有を侵害しているといえる。

4事実の認定とその評価②(不法領得の意思)

 甲は金庫から小切手を持ち出した。それは、乙を困らせる目的から行われている。また、甲はすぐにそれを金庫に戻している。それは、騒ぎになるのをおそれたからである。小切手の短期間の持ち出しであっても、乙の占有を侵害していると言える以上、窃盗罪の窃取にあたるが、甲がその行為を不法領得の意思に基づいて行なったといえるか。

 不法領得の意思とは、権利者を排除し、その経済的用法に従って使用・処分する意思をいう。甲は乙を困らせる目的には、小切手の占有者乙を排除する意思が認められるが、経済的用法に従った利用意思とはいえない。従って、甲には不法領得の意思は認められない。

5結論

 従って、甲には窃盗罪は成立しない。

甲がB社の銀行口座に振り込む予定の金銭で自分の携帯電話料金を支払った行為

1問題提起

 甲がB社の銀行口座に振り込む予定の金銭で携帯電話料金を支払った行為は、業務上横領罪にあたるか。

2概念・制度の説明

 業務上横領罪とは、他人の物を保管することを業務とする者がそれを領得する行為である。窃盗罪と同様に不法領得の意思に基づいて行われることを要する。

3事実の認定

 甲は乙からB社の銀行口座に金銭を振り込むよう依頼されて、30万円を占有し、それを自分の携帯電料金の支払いにあてた。ただし、その日のうちに丙から30万円借り、翌日にB社の銀行口座に振り込んだ。

4事実への要件の当てはめ

 甲は乙から預かった金銭を自己の携帯電話料金として消費したので、それを領得したといえる。しかし、甲は丙から金銭を借りて、翌日にBの口座に振り込んでいるので、一時的な流用でしかなく、このような場合にまで不法領得の意思を認めるべきか。金銭の経済的用法に従った利用意思は認められても、権利者である乙を排除する意思があったといえるか。甲には丙から借りて補てんする意思があったことは確かであるが、丙はいつでも貸してやると言っていただけで、それが確実であった、保障されていたとはまではいえない。このような不法領得の意思がなかったとすることは妥当ではない。

5結論

 従って、甲には業務上横領罪(刑法253条)が成立する。

結論

 以上により、甲には業務上横領罪が成立する。

タイトルとURLをコピーしました