刑法上死刑が規定されてる犯罪 10選

ランキング,リストアップ

刑法上死刑が規定されてる犯罪は10個だけである。

刑法第199条 殺人罪 


人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。 

刑法第240条 強盗致死罪 強盗殺人罪 


強盗が、(中略)死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。 

刑法第241条 強盗強姦致死罪 強盗強姦殺


強盗が女子を強姦し(中略)女子を死亡させたときは、死刑又は無期懲役に処する。 

刑法第108条 現住建造物等放火罪 


放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船 
又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。 

刑法第117条 激発物破裂罪 


火薬、ボイラーその他の激発すべき物を破裂させて、 
第108条に規定する物(中略)を損壊した者は、放火の例による。 

刑法第119条 現住建造物等浸害罪 


出水させて、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車又は 
鉱坑を浸害した者は、死刑又は無期若しくは三年以上の懲役に処する。 

刑法第125条 往来危険罪 


1 鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、 
汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、二年以上の有期懲役に処する。 
2 灯台若しくは浮標を損壊し、又はその他の方法により、 
艦船の往来の危険を生じさせた者も、前項と同様とする。 

刑法第126条 汽車転覆等致死罪 


1 現に人がいる汽車又は電車を転覆させ、又は破壊した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。 
2 現に人がいる艦船を転覆させ、沈没させ、又は破壊した者も、前項と同様とする。 
3 前二項の罪を犯し、よって人を死亡させた者は、死刑又は無期懲役に処する。 

刑法第127条 往来危険による汽車転覆等致死罪 
第125条の罪を犯し、よって汽車若しくは電車を転覆させ、若しくは破壊し、又は 
艦船を転覆させ、沈没させ、若しくは破壊した者も、前条の例による。 

三鷹事件

有名な汽車転覆等致死罪に関連する事件「三鷹事件」がある

三鷹事件(みたかじけん)は、1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現:三鷹市)と武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。詳しい事は不明で、同時期に起きた下山事件、松川事件と並ぶ国鉄三大ミステリー事件の一つとされる。

刑法第146条 水道毒物等混入致死罪 


水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源に 
毒物その他人の健康を害すべき物を混入した者は、二年以上の有期懲役に処する。 

って人を死亡させた者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。 

刑法第77条 内乱首魁罪 


国の統治機構を破壊し、又はその領土において国権を排除して権力を行使し、 
その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱することを目的として暴動をした者は、 
内乱の罪とし、次の区別に従って処断する。 
1 首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。 

刑法第81条 外患誘致罪

 
外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。 
※日本の刑法体系で唯一、罪状が死刑しかない犯罪 

刑法第82条 外患援助罪 
日本国に対して外国から武力の行使があったときに、これに加担して、 
その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えた者は、 
死刑又は無期若しくは二年以上の懲役に処する。 

タイトルとURLをコピーしました