酷い拷問一覧 かつて行われていた拷問の数々を説明します

ランキング,リストアップ

苦悩の梨

no title

肛門膣直腸とかにこれを刺してズタズタにして破壊する
淫行を働いている(と思われる)魔女は膣を、ホモの罪にとわれた奴は肛門をやられた模様 

異端者のフォーク

no title

これをやられたら、下を向くことができない
何故なら寝たら突き刺さってしまうから
そのため寝ることができなくて、人間はつい自白をしてしまう

ユダのゆりかご

no title

ピラミッド状の先が尖った三角形の柱(木馬のような形の時もある)の上に天井から紐で吊るされたベルトがあるという、 
単純な形状で主に女性によく使われた

まず全裸、または下半身をあらわににされた犠牲者の体をベルトで吊るす
この時基本的にベルトは腰でなく胸の辺りに装着する事が多い
そしてそのベルトにロープ等を通し地面や壁に平行に張って固定し、その状態でピラミッドの先端が犠牲者の肛門、または膣の下に来るように配置しする
そして足を開かせた状態にして棒で固定する
こうする事で犠牲者は体に力を入れ続けないと膣や肛門にピラミッドの先端が刺さってしまうという仕組みである
足の棒は足を固定するだけでなく犠牲者を苦しめる重りとしても機能する

アイアン・メイデン

no title

左右に開く扉からは長い釘が内部に向かって突き出しいる
扉を閉められたら身体中グサグサに刺される
針の配置は工夫されていて死なないようにされていた
処刑に使われたこともあったといわれる
なお実際に使われたか微妙で、脅しに使われていたという説もある

ヤギ責め

no title

足に塩水を塗られ、塩の好きなヤギが自分の足を舐めてくる

ヤギの舌はざらざらしてるからだんだん皮膚が削られていく
血にも塩分は含まれとるからヤギは舐めるのをやめない
そしてやがて骨が見えていく……… 

エクセター公の娘

no title

伸ばされて、四肢脱臼、筋肉神経が伸びきりもとに回復するのは不可能
引き伸ばし拷問ともいう
ちなみにエクセター公はこれがあった塔の管理者
エクセターの娘がこれで処刑されたわけでもない 

石抱

no title

江戸時代に行われた拷問
縛られて石を乗せられ
しかも木材が脛に食い込んで苦痛を与えられる
最初の回では一気に4個乗せて苦しませる
次の回では徐々に時間をかけて一枚ずつ載せていって辛さを長引かせる
「もういやだ!」って白状するケースが多い
だんだん慣れてきて苦痛を感じなくなるけど体は青くなってくる
石が胸を圧迫しないようにのけぞるように縛ってくれるし、生命の危険もあるから
回復するまで休憩させてくれる。しかも牢屋までは痛いだろうから担いでくれる

ネズミ拷問

ヘソの上にネズミを置かれ、ツボを被せられる
この時点で気持ち悪くていやだけど
さらにそのツボを熱する
するとネズミは熱くてパニックとなり
ヘソをほじくって脱出しようする

水責め

no title

飲ませて苦しませたりするのもあるが今回のは水滴を一定のペースで垂らす方法
縛り付けて水滴をおでこに一定のペースで垂らすと、
終わることのない低刺激が繰り返されて発狂する模様
これは蛇口を少しひねってやれば簡単にできてしまうけどやったらダメ。

タイトルとURLをコピーしました