平成に起こった有名な地震を紹介 記憶に残っている大地震を説明します

ランキング,リストアップ

兵庫県南部地震 1995.1.17 M7.3 最大震度7


関西の安全神話が崩壊した大地震。地震の揺れによる被害はもちろん、火災による2次災害で多くの死者を出した。
また、地震発生後は震源付近の震度が入っておらず、震度7を観測したことが分かったのは地震から半月以上が経過した2月7日であった。
この地震をきっかけに震度階級5,6にそれぞれ弱、強が定義された。

新潟中越地震 2004.10.23 M6.8 最大震度7


台風23号が日本列島を直撃してからわずか3日後、震度7の揺れが新潟を襲った。
この地震も速報時では最大震度は6強であった。
繰り返し大きな余震が起こり、地震発生当日で震度5弱以上の揺れを記録した回数は10回に及ぶ。
ドラえもんスペシャルかなんかが流れたのを今でもよく覚えている。 

北海道南西沖地震 1993.7.12 M7.8 最大震度6


日本海側で発生した地震としては観測史上最大。1983年に起こった日本海中部地震では津波警報の報道が遅くなったことから、その教訓を生かしすぐに報道を行ったが…
地震発生5分後には奥尻島には津波が襲来していたと推測される。津波火災による被害が甚大であった。

東北地方太平洋沖地震 2011.3.11 M9.0 最大震度7


言わずと知れた超巨大地震。映像としての衝撃はもちろん、マグニチュードが上方修正されていくあの感覚はすごい気持ち悪かった(7.9→8.2→8.4→9.0だったかな?)
日本列島ほとんどで揺れを観測。緊急地震速報の段階では東北のみ発表だったが、震源断層の破壊が南に広がっていくことで関東圏でも強い揺れとなった。
揺れによる被害は実は少なく、(確か震度7を観測した宮城県栗原市では死者0)3月9日に前震が発生。
本震が起こってから「あの地震、前震だったのね」って気づくので、備えることって大事だよね。 

熊本地震 2016.4.16 M7.3 最大震度7


夜9時半ごろに起こった地震は実は前震で、本震は深夜に起こっている。前震はちょうどニュースの時間帯で緊急地震速報→震度7の発表に大変衝撃を受けた
崩れそうな熊本城、先のない阿蘇大橋など、飛び込んでくる映像がとても印象的。
阿蘇山の大規模噴火が誘発されるのではないかと危惧されたが、小規模噴火に収まった。 

岩手・宮城内陸地震 2008.6.14 M7.2 最大震度6強


緊急地震速報をこの地震で知った人も多いのではないのだろうか。
今では緊急地震速報は当たり前になっているが、当時は「ほ~ん、そんなシステムあるんやな」くらいの感覚。
東北地方の内陸で起こった地震。東北地方といえば連想されるのは宮城沖、三陸沖、青森東方沖など海溝型での地震。東北地方の内陸で地震が発生するのは珍しいと考えられる(秋田県ではいわゆる「地震の巣」があり内陸でも起こるが…)
内陸地震の傾向として、いたるところで地滑り、土砂崩れ等が発生した。
こう考えると東北って悲惨。 

鳥取県西部地震 2000.10.6 M7.3 最大震度6強


震度階級改正後、初めて震度6強が観測された地震。
地震の規模は阪神淡路大震災に匹敵するものだったにも関わらず、死者が0人で済んだのは人口密度の問題らしい。
この地域は地震の空白域であったことから、近々起こるのではないかと考えられていた中、この地震が発生した。 

福岡西方沖は玄海灘が地震空白地域でノーマーク 

十勝沖地震 2003.9.26 M8.0 最大震度6弱


北海道地方の太平洋沖は繰り返し大きな地震が起こることで有名。津波による被害も出た。
この地震で印象に残っているのは苫小牧の石油タンク火災。長周期地震動とタンクが持つ固有周期が一致し、タンクの中身が共振するスロッシングという現象が発生した。
ちょうど駒大苫小牧が優勝した年だから印象に残っているのかもしれない。。。
北海道東方沖地震も入れようと思ったけど、北海道のことあまり詳しくないから入れないことにしたで。 

福岡県西方沖地震 2005.3.20 M7.0 最大震度6弱


福岡市付近で観測された地震としては最大の地震。
3連休の中日ということもあり、各地で人がにぎわう中、この地震が発生した。
特に被害が大きかったのは玄海島。玄海島では半数以上の家屋が全壊した。
震度7の揺れは概ね30%の家屋が倒壊するといわれていることから、周辺ではそれに近い揺れがあったのではないかと思われる。 

タイトルとURLをコピーしました