癌の研究を世界で初めて行ったロイヤルマースデン病院royalmarsden.NHSとは?

学問

王立マースデン病院(RM)は、癌における専門病院です。ロンドンに拠点を置いています。

歴史

ロイヤルマースデンは、癌の研究と治療を専門とする世界初の病院です。

ウェストミンスター州キャノンロウ1番地にあり、ウィリアムマースデンによって1851年に無料癌病院として設立されました。妻のエリザベス・アンの癌による死に深く影響を受けたマースデンは、腫瘍の分類、原因の調査、新しい治療法の発見を決意しました。病院は最初は薬局のみで構成され、処方された薬は緩和的で症状の治療を目的としていましたが、ウィリアム・マースデンはこの病気を研究し続けました。

癌患者は入院治療を必要とすることが明らかになったため、病院はすぐに施設を大きくしました。

1850年代に何度か場所を移動したあと、フラムロード沿いのブロンプトンの土地に新しい建物を建設するための資金が集められました。

設計はジョン・ヤング&ソン女史によるものでした。この病院は、1910年にキング5世によって王立憲章が認可され、The Cancer Hospital(Free)として知られるようになりました。

その後、キングエドワード8世によって、「ロイヤル」という言葉を含めるために、1ロイヤルマースデン病院に改名されました。

1948年に国立保健局が設立されたとき、ロイヤルマースデンは大学院教育病院になりました。

2008年1月2日、午後1時30分前に、病院の最上階の工場で火災が発生。

病院の屋根全体が燃え尽き、最上階も影響を受けました。5つの手術室と少なくとも2つの病棟は活動を停止しました。

タイトルとURLをコピーしました