フランス・ロレーヌ地方の都市ナンシーにある「スタニスラス広場」を詳しく解説

学問

スタニスラス広場は歩行者天国の広場であり、フランスの都市ナンシーで、ロレーヌ地域に位置しています。スタニスラス広場、カリエール広場、アライアンス広場を含む建築アンサンブルは、ユネスコの世界遺産に登録されています。

歴史

背景

1737年のポーランド継承戦争の後、ナンシーが首都であったアッパー・ロレーヌ公国は、ポーランド・リトアニア連邦の元支配者でフランスのルイ15世の義父であるスタニスワフ1世レスチスキスキに与えられた。初期の支配者であるロレーヌ公レオポルドは、ロレーヌで多くの再建を行い、一連の戦争で破壊されました。

設計と建設

広場は、中世の古い町ナンシーと、ロレーヌ公爵チャールズ3世の下で17世紀に建てられた「新しい」町を結び付ける方法としてスタニスワフ1世によって考案された都市計画の主要なプロジェクトでした。広場は、スタニスワフの義理の息子ルイ15世を称えるためのロワイヤルとしても意図されていました。

統一された広場と周辺の建物は、王室の建築家エマニュエル・エレ・ド・コーニー(1705–1763)によって設計されました。建設は、1752年3月に始まり、11月1755年に終わりました。

1831年、スタニスワフの銅像(フランス語でスタニスラス)が広場の中央に置かれました。それ以来、「スタニスラス広場」として知られています。

広場は常に公共の集会や祭りに使用されてきました。1958年から1983年までの約4世紀に渡り、歴史の中で何度か改造が行われ、駐車場として機能していました。

それ以来、市は歩行者用にしました。2004年と2005年に、市は元の18世紀の計画に基づいて、広場の大規模な修復を行いました。10か月のプロジェクトの費用は約900万 ユーロでした。

説明

スタニスラス広場は、長さ125メートル、幅106メートルです。明るい黄土色の石で舗装されており、2本の暗い石が斜めのクロスモチーフを形成しています。

  • ナンシーの市庁舎(Hôtelde Ville)。広場の南側全体を占め、南東隅にムルト=エ=モゼルの県庁があります。
  • 東には、オペラハウス(旧ビショップパレス)及びグランドホテル(元々はホテルドゥラレーヌ)。
  • 西には、ファインミュージアム(元は大学のコレージュ)とパビリオンジャケ(元は商業/住宅の建物、現在はほとんどがオフィス)があります。
  • 北側では、建物は防衛目的のために低く保たれました(ヴォードモントとハウスソンビルの要塞の間でのクロスファイアを許可するため)。

広場の四隅と西側と東側には、ジャンラムール(1698–1771)によって作成された金色の錬鉄製の門とランタンがあります。北西と北東の角には、バルテレミーギバル(1699〜1757)が設計した華やかな噴水もあります。

2004〜2005年の改装後のスタニスラス広場のパノラマ

中央像

スタニスラス広場の中央にある像は、ジョルジュ・ジャクォートによって作成され、左手に剣を持ち、右手で北を指すスタニスラスを表しています。高い大理石の台座の碑文は次のとおりです。

•サウスフェイス:スタニスラス・レシュチンスキ、ロワ・ド・ポローニュ、デュク・ド・ロレーヌ・エ・ド・バー、1737-1766
(スタニスラス・レシュチンスキ、ポーランド王、ロレーヌ公爵、バー、1737–1766)
• 北面:ÀStanislas le Bienfaisant、la Lorraine Reconnaissante、1831、ムルト・ミューズ・ヴォージュ
(ベニスファクターのスタニスラスに、ロレーヌは感謝している、1831年、ムルト・ムーズ・ヴォージュ)

オテル・ド・ヴィル 

エマニュエル・ヘレが提示したオテル・ド・ヴィルのファサードの計画

オテル・ド・ヴィルとしても知られている(市役所)、パレ・デ・スタニスラス(スタニスラスの宮殿)は、98メートルの長で方形で最大の建物で、広場の南側全体を占めています。1752〜1755年に建てられ、建設以来市役所として機能していました。

タイトルとURLをコピーしました