おすすめ3Dプリンター2020 海外でも人気!分野別にまとめました。

ランキング,リストアップ

さまざまな価格帯で、12を超えるモデルの性能を検証しました。

その中で分野別に最高の3Dプリンターを選別しました。

あなたに合ったプリンターが見つかるかも?

最高の予算の3Dプリンター

モノプライスボクセル ¥ 98,508

Amazon.co.jp: Monoprice Monoprice MP Voxel 3D Printer, Fully Enclosed, Easy Wi-Fi, Touchscreen, 8GB On-Board Memory, Polar Cloud Enabled: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Monoprice Monoprice MP Voxel 3D Printer, Fully Enclosed, Easy Wi-Fi, Touchscreen, 8GB On-Board Memory, Polar Cloud Enabled: 家電・カメラ

仕様

プリンターの種類: FFF | 層解像度: 50〜400ミクロン| 材料: ABS、PLA、ウッドフィル、銅フィル、スチールフィル、ブロンズフィル| ビルドボリューム: 6.9 x 6.9 6.9インチ| プリンターのサイズ/重量: 15.9 x 15.7 x 15インチ/19.8ポンド

メリット

優れた印刷品質。速い印刷速度。クラウドソフトウェアで使いやすい。温水プリントベッド。

デメリット

Wi-fiの接続がうまくいかない時がある。

3Dプリントを始めたい場合は、Monoprice Voxel 3Dプリンターが最適です。高額なコストをかけずに高品質のプリントを体験することができます。

特に初心者には、印刷する元の素材が扱いやすい安いのでおススメです。ABSのような素材を使用した場合の印刷の信頼性が高いです。プリントベッドの上部もスライドし、折り曲げることができるため、プリントの取り外しは簡単です。

最高の中級3Dプリンター

LulzBot Mini 2 ¥244,730

Amazon | LulzBot Mini Desktop 3D Printer | 産業・研究開発用品 | 産業・研究開発用品 通販
LulzBot Mini Desktop 3D Printerが産業・研究開発用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

仕様

プリンターの種類: FFF | 層解像度: 50〜400ミクロン| 材料: PLA、TPU、ABSなど| ビルドボリューム: 7 x 6.3 x 6.3インチ| プリンタのサイズ/重量: 4 x 18 x 13インチ/ 19. 9ポンド

メリット

印刷は高速。高品質。幅広い素材をサポート。プリンターが静か。

デメリット

ちょいとお高いお値段。

初心者向けのモデルからステップアップする準備ができている場合は、こちらがおすすめです。

手頃な価格でさまざまな素材を処理するのに十分な柔軟性を備えたプリンターです。

最高の樹脂プリンター

Formlabsフォーム2 ¥520,000

Amazon | Form2 | 3Dプリンタ本体 | 産業・研究開発用品 通販
Form2が3Dプリンタ本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

仕様

プリンターの種類: SLA | 層解像度: 25ミクロン| 材料:樹脂| ビルドボリューム: 5.7 x 5.7 x 6.9インチ| プリンタのサイズ/重量: 20.5 x 13.6 x 13インチ/ 28.5ポンド

メリット

優れた印刷品質。樹脂のサポートを含む印刷。材料の適切な選択。使いやすいソフトウェア。複数のユーザーに非常に適応可能。

デメリット

プリンターも高いし。何より、素材の樹脂が高価。

最も評価すべき点は、Form 2が、きれいでシャープなエッジを持つ細かいディテールを特徴とする優れたプリントを生成することです。

価格は一般的なユーザーの手の届かないところにありますが、エンジニア、アーティスト、宝石商はForm 2のパフォーマンスを高く評価しています。 

4月、FormlabsはSLAプリンターの新しいバージョンであるForm 3を発表しました。

3Dプリンターのコスト

3Dプリンターはそれほど高価ではありませんが、大量に印刷するプロのデザイナーやクリエーターが使用するものは確かに予算に大きな打撃を与えます。

まだまだ一般の人には手が出しづらい機械ですが、使いこなせたらとっても楽しいですよ!

3Dプリンターで探すべきもの

プリンターの種類:3Dプリンターには、FFF(融合フィラメント製造)とSLA(ステレオリソグラフィー)の2つの主要な種類があります。

FFF(融合フィラメント製造)およびFDM(融合堆積モデリング)デバイスもカバーするFFFプリンターは、移動するプリントヘッド内のプラスチックフィラメントを溶かしてモデルを形成します。

SLAプリンターは、紫外線(UV)レーザーを使用して樹脂を固化し、レーザーの焦点を合わせて固体モデルを形成します。FFFプリンターは一般に安価でシンプルで使いやすいです。

印刷素材:どのタイプのプリンターを選択する場合でも、印刷時に使用する素材のタイプに注意してください。

FFFプリンターで使用されるフィラメント材料には、PLA(脆性、生分解性材料)、ABS(レゴブロックで使用される同じプラスチック)、ナイロン、TPE(柔らかいゴム状材料)など、いくつかの異なる材料があります。

SLAプリンターはFFFプリンターよりも選択肢が少ないですが、Form 2のようなプリンターは、非常に硬いものから柔軟でゴム状のものまでのモデルを生成する樹脂を使用できます。

印刷量:すべてのプリンターには、作成できる3D印刷のサイズに制限があります。この制限は、プリントベッドのサイズと、プリンターがプリントヘッドを移動できる距離によって定義されます。

印刷速度と品質:3D印刷は基本的に、ものすごく遅いです。現在、これを回避する方法はありません。

3〜4インチモデルの印刷には通常6〜12時間かかります。

タイトルとURLをコピーしました