タイの裁判官が法廷で自殺未遂。公正な司法を訴えた後に拳銃で自分を撃つ。

時事ニュース
正義のスケールを持つ法廷小gave

タイの裁判官は、国の司法制度に対し、法廷で演説したあとに自分自身を撃った。

Kanakorn Pianchana(自殺未遂した人)は死ぬ直前に、イスラム教徒の5人の男性を無罪とし、公正な司法を求めた。

その後、彼は法的な宣誓を唱え、ピストルを引き抜いて胸に撃ちました。

しかし、裁判官は生き残り、彼は怪我から回復しているようです。

裁判所で何が起こったか?

裁判官は、タイ南部の暴動の被害にあったヤラ裁判所で働いた。

5人の殺人と銃器による犯罪を無罪とした後、彼はFacebookで生放送し、熱烈なスピーチを裁判所内で演説した。

▼以下演説の内容

「誰かを罰するためには、明確で信頼できる証拠が必要です。だからわからない場合は、彼らを罰しないでください」と彼は言いました。

「私は、5人の被告が犯罪を犯さなかったと言っているのではなく、犯したかもしれない」と彼は付け加えた。

「しかし、司法プロセスは透明で信頼できるものである必要があります…間違った人々を罰すると彼らはスケープゴートになります。」

Facebookはその後削除されましたが、裁判所の人々は、裁判官がピストルを打ち、自分を撃つ前に元タイ国王の肖像の前で法的宣誓を読んだと言いました。

彼は病院に運ばれ、安定した状態にあると報告されています。

なぜ彼は死のうとしたのか。

裁判官がなぜ自分の命を奪おうとしたのかは完全には明らかではない。

司法事務所のスポークスマンであるスリヤン・ホンビライは、「個人的なストレス」のために自分自身を撃ったとAFP通信社に語った。

しかし、地元メディアは、裁判官は彼が判決を下したばかりの事件について言及している可能性があると報告した。

裁判官によって書かれ、自分が撃たれる前にFacebookに投稿されたと思われる声明は、「証拠がないにも関わらず、有罪判決を下すよう圧力を受けた」と述べた。

「この時点で、全国の第一審裁判所の他の仲間の裁判官は、私と同じように扱われている」と彼は書いた。

「[もし]私が就任の誓いを守ることができないなら、私は名誉なしに生きるよりも死にたい。」

裁判官による司法制度に対する批判はタイでは非常にまれです。

権利団体は、治安部隊がマレー系イスラム教徒の過半数地域のイスラム教徒容疑者に対する告発に勝ると主張している。

参考記事  https://www.bbc.com/news/world-asia-49945636?intlink_from_url=https://www.bbc.com/news/world/asia&link_location=live-reporting-story
タイトルとURLをコピーしました