韓国で日本車の売上が減少。韓国では日本車を破壊。

時事ニュース
日本製の車を破壊した男性

 韓国での日本の自動車販売は先月再び低下しました。これは、両国間の貿易が激しくなっているためです。

トヨタの販売は9月に前年比62%減少し、日産とホンダも販売が減少しました。

しかし先月は、韓国全体で外国車の販売が増加している。にもかかわらず減少した。

韓国ではいまだに日本製品のボイコット運動を続けています。

自動車販売不振

「販売量の減少は、最近の日韓関係の影響を受けていると考えています」とトヨタの広報担当者は語った。

車の庭でトヨタ車
日本車と日本製ビールはボイコットの影響を強く受けている

 報道によると、金曜日に発表された「韓国の自動車産業グループ」が、トヨタ、ホンダ、日産の合計売上高は、前年の9月に74%急落したと発表。

韓国での外国車に対する強い需要にもかかわらず、下落。しかし、韓国自動車輸入流通協会によると、先月、輸入車の販売は同国で17%増加したという。

なぜボイコットされているのか

昨年、韓国は日本企業に対し、戦時中の強制労働に対して韓国人に補償金を支払うよう命じた。この韓国の裁判所の判決は、長期にわたる緊張を引き起こしている。

この決定により日本は非難されており、日本は「1965年に近隣諸国間で外交関係が正常化されたときに解決した」と主張している。

韓国側は上記の「徴用工問題」に対し、報復する目的で、日本は「ホワイトリストから除外」したと報道しているが、それは間違いである。

貿易に関する「ホワイトリスト」とは、「信頼できる国」という意味を含んでいる。しかし、韓国は日本から輸入した製品を、不正に「北朝鮮に渡している」疑いがあり、日本は「ホワイトリストから除外」したのである。

ここ数カ月、韓国は日本との軍事情報共有協定「GSOMIA」を終了し、紛争は貿易に波及し続けています。

タイトルとURLをコピーしました