中国と台湾の間で「ウィキペディアの編集戦争」勃発。「Siri」も中国の言いなりになってしまう。

時事ニュース
ウィキペディアのグラフィック

iPhoneに搭載されている音声案内「Siri」に「台湾とは?」と尋ねてみると。

「州」、「東アジアに位置する」と答える

しかし、9月の初めは、「中華人民共和国の省」だった。

そして、ウィキペディアも突然変わってしまう。

編集された後に、すぐ誰かが編集する。それの永遠の繰り返し。すぐに再び行われました。

「今年は非常にクレイジーな年です」とウィキメディア台湾の役員であるジェイミーリンはため息をつきました。そして「台湾のウィキペディアンの多くが攻撃されました。」

中国政府がコントロール

Wikipediaは誰でもエントリを作成または編集できます。地球上のほぼすべての国に、「ウィキペディアン」のコミュニティが存在し、それを保護して貢献しています。オンラインで誰でも無料で利用でき、これまでに蓄積された最大の人間の知識のコレクションは、間違いなくデジタル時代の最大の成果です。しかし、激しい「ネット上での攻撃」を受けている人もいます。

ジェイミー・リン
Wikipediaで編集戦争をしている台湾の人々

台湾をめぐる編集戦争は、1日の間に65の変化が見られました。

  • 尖閣諸島の英語版のは、「東アジアの島」であると言っていましたが、今年の初めには、「中国固有の領土」と追加。
  • 1989年の天安門事件では、「6月4日の事件」から「反革命的暴動の鎮圧」と説明。
  • 英語版では、ダライラマはチベット難民で、中国からの亡命者とされている。

これは、中国政府がコントロールしているからだと、香港のWikipedia編集チームは言います。

「政府側の学者」

BBCの調査により、政治的にデリケートな22の記事で、およそ1,600の編集が見つかりました。これらの編集を誰が行ったのか、その理由、またはそれらがより広範な慣行を反映しているかどうかを確認することはできません。

中国政府は中国に根付いている「反政府因子」を根本的から改善しようとしています。

学者のLi-hao GanとBin-Ting Wengは、「外国メディアの影響により、ウィキペディアは中国政府に対する多くの偏見のある言葉がある」と主張しています。「我々は、外部コミュニケーションの談話システムのセットを再構築するだけでなく、ウィキプラットフォームで影響力のあるエディターを育成することを含む、ターゲットを絞った外部コミュニケーション戦略を開発しなければなりません。」

と彼らは行動を呼びかけました。

変化する認識

 中国共産党が管理する組織であるChina International Publishing Groupの役人であるJie Dingが「ウィキペディアでの中国の主要な政治的言説に関するコンテンツの体系的な順序付けと維持管理が不足している」と主張している。

中国の歴史や中国の思想が、他の国や歴史に与える影響を客観的かつ真に反映するために、「私たちの声や意見を反映する」ことの重要性も強く求めています。

「「中国の物語を語る」というコンセプトは、過去数年にわたって大きな牽引力を得てきました」と香港中文大学の助教授であるLokman TsuiはBBCに語った。「彼らは、海外の人々の中国に対する認識の多くは本当に誤解だと考えています。」

 中国は国内のオンライン管理システムを動員し、国境を越えてそこに存在する認識された誤解に立ち向かうようになっています。そして、ウィキペディアはできた当初から編集戦争の問題に直面していました。行われたすべての編集を確認し、ページをロックでき、サイトはボットとエディターの組み合わせによってパトロールされます。

香港の抗議

調整された戦略?

攻撃は多くの場合、Wikipediaのコミュニティに対して行われています。

「一部の人は、Wikipediaのアカウントが破壊された。」と語る。

台湾のウィキペディアンには、「あなたの母親の司法解剖が楽しみです。」という殺害予告までされました。

中国への愛国心が強い人が、過激な発言や、執拗に編集し続ける行為を行っているようです。

ウィキペディアのエントリ
わずかな変更を加えると、読者の認識が変わる可能性があると主張されています

ニューサウスウェールズ大学のデジタル文化の上級講師は、「Wikipediaの政治的な編集行為には全く驚いていません。むしろ話題になるのが遅すぎるくらいです。Wikipedia上での政治的歴史的な編集戦争はいままでに数えきれないほどあったのです。」と語る。

台湾自体が中国との編集戦争に巻き込まれており、独自の地政学的なポイントを持ち、少なくともそれらを編集する人々の目には、多くの間違った情報が「これは正しい情報である」と誤解しています。

BBCが*中国大使館にコメントを求めたが、返信はなかったそうです。

参考記事  https://www.bbc.com/news/technology-49921173
タイトルとURLをコピーしました