ガンジー150歳の誕生日に遺灰が盗まれ、遺影に落書きされる。

時事ニュース
1931年、ロンドンのダウニング街の外にあるインドの指導者マハトマガンジー
マハトマガンジーは、イギリスの植民地支配からのインドの独立のための戦いを主導しました

 ガンジーの150歳の誕生日に…

遺灰は、1948年にガンジーがヒンズー教過激派によって暗殺された年から、ずっとインド中部の記念碑保管されており、そこから盗まれました。。

さらに泥棒は、ガンジーの写真に、緑色の塗料で「裏切り者」を走り書きしました。

一部のヒンドゥー教の強硬派は、ガンジーを「ヒンドゥー教とイスラム教統一の裏切り者」と見なしています。

マディヤプラデシュ州のレワの警察は、国家全体を脅かす恐れがあり、平和を侵害していることを理由に窃盗犯を調査しています。

灰が保管されていたバプバワン記念館の管理人であるMangaldeep Tiwari氏は、盗難は「恥ずべき」と述べ、「ガンディーの誕生日だったので、朝早くからバワンの門を開けた」と彼はインドのウェブサイトThe Wireに語った。23:00 頃に戻ったとき、ガンジーの遺体がなくなっていて、彼のポスターが汚されていたことがわかりました。

記念館に緑色の塗料が貼られたポスター
画像キャプション泥棒は、ガンジーの写真に「裏切り者」を走り書きしたと考えられています

ガンジーは、インドの英国植民地支配に対する非暴力的な抵抗運動を率いて、世界中の人々を鼓舞しました。

ほとんどのインド人はまだ彼を「国民の父」として尊敬しています。

しかし、インドのヒンドゥー教強硬派は、ガンジーが親イスラム教徒であるために、ヒンドゥー教徒を裏切ったと非難し、さらに1947年にインドとパキスタンがイギリスから独立した後に見られたインドとパキスタンの紛争を理由に、ガンジーを非難しました。

そして彼は1948年1月にヒンドゥー教の過激派によって暗殺されました。

彼の死後、彼は火葬され、インド国内のさまざまな記念碑に送られました。

参考記事  https://www.bbc.com/news/world-asia-india-49922319
タイトルとURLをコピーしました