森友騒動の寄付金は嘘だった 籠池長男が暴露 菅野完が黒幕か

時事ニュース

なんと森友学園の騒動は、朝日新聞社の捏造報道がきっかけだった。

籠池佳茂 のツイート

まずは、籠池夫妻の長男である「籠池佳茂」氏のツイートをご覧ください。

籠池佳茂 @YOSHISHIGEKAGO1 
一番、森友学園騒動が盛り上がったのは、寄付金100万円の問題ですね。 
2017年3月15日、父がメディアに向けて昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったとの発言をしたのですが、 
この発言をしろと言ったのは菅野完です。捏造であり、報道テロです。 
17:02 – 2019年9月23日 

籠池佳茂@YOSHISHIGEKAGO1 
もう一つ、盛り上がった100万円の振込用紙。これも菅野完が作ったストーリー。 
つまり、フィクションです。あの時の動きは、新刊に詳細を書いています。ぜひ、読んで下さい。 
家族全員が絶句していたのを今も鮮明に記憶しています。 
17:15 – 2019年9月23日 

100万

要するに、

  • 総理は足を引っ張られる立場にいるんだから イベントやテレビに出るときも「ノーギャラ」 
  • 安倍昭恵もノーギャラで講演会やった
  • 籠池は無理やり講演料を渡そうとした。 
  • もちろん安倍昭恵は受け取らなかった。それでは何の罪にも問えない
  • 菅野完が安倍昭恵に100万円払った
  • その100万円を森友学園への「寄付金」として 郵便振込で払った事にして贈収賄にしよう。 
  • というストーリーを作って父親はそれを演じてた。

というツイート。

すべては仕組まれており、籠池夫妻はいいように利用されていただけのようです。

当初、佳茂氏は安倍総理をバッシングしていた。

籠池佳茂氏は籠池元理事長の長男であり、当時は安倍総理バッシングに加担していた人物。だが現在は安倍総理に謝罪し、両親は洗脳されて利用されているという主張を行っている。

そんな中で飛び出た衝撃の証言は100万円の寄付が菅野完氏が誘導した捏造だったということ。当時、寄付については当事者の証言が食い違っていた。

籠池理事長

「昭恵夫人が講演に訪れた際に『安倍晋三からです』と言って100万円を渡してきた。感謝という名目で10万円を返金した」

昭恵夫人

「寄付金を渡したはずなら覚えているはずだ。全く記憶にない」

安倍総理

「確認したところ、籠池理事長が支払ったことはなかった」


そして籠池理事長が証拠として公開したのが「安倍晋三」と書かれた振込用紙。

これは手渡しで貰った100万円を自身の口座に入れる際、「安倍晋三」という名目にしようとしたが銀行側から他人の名義を使うのは駄目だと言われ、「森友学園」という名目に変えたもの。後からいくらでも捏造できるものだし、証拠になり得るのかは疑問が残ると騒ぎになった。

そして籠池佳茂氏によるとこの振込用紙もフィクションなのだという。

籠池理事長が菅野完から指示をうけてたとされる場面

最初に籠池氏は「寄付されたのは90万円」と 国会証人喚問で主張した。

しかし、100万円を返金しようする不可解なパフォーマンスやりだす。

籠池 「実は10万円を感謝の気持ちで夫人へ返金したから寄付されてたのは90万円です」 

no title

 しかしなぜか「100万円の札束」で返金しようとする籠池(98万円は白い偽札) 

no title

籠池宅へ乗り込んだ人たちも関与か?

マスコミ引き連れて籠池の自宅へ乗り込んだこの方々の責任が問われる時がようやく到来したようだ。

no title

もし籠池佳茂氏の言い分が事実であるなら、菅野完はなにかしらの処罰が下ることは避けられないであろう。

タイトルとURLをコピーしました