錯覚写真 おもしろ写真まとめ 偶然が重なり錯覚を引き起こす写真たち

ランキング,リストアップ

透明な猫

猫の耳の模様とおじさんのおでこがうまい具合に重なり、手前の猫が透けているように見えますね。

ケンタウロスお姉さん

お姉さんの足元の向こう側の黒い犬が、お姉さんの黒いパンツと重なりケンタウロスのような生き物に見えますね。

ウィンディーネおじさん

中央やや右の噴水をご覧ください。奥の上半身裸のおじさんに噴水が重なり、水のドレスをまとっているように見えます。

体が入れ替わってしまった男女

一見、黒い服を着た金髪の女性に、紫の服を着た男性が抱きついているように見えるので、男性の体の比率がおかしいように見えます。

しかし実際は、逆です。

犬顔の女性

よく見ると犬の前足が奥のほうにあるのが見えますね。

ミニスカバーテンダー

カウンターの側面が鏡面になっており、手前の青いミニワンピースを着た女性の下半身を反射しています。それが偶然、バーテンダーの男性と重なってしまったようです。

ノーパンの水着女性

後ろを向いている水着を着た女性は、下はノーパンのように見えます。手前の男性の腕の間接のシワとうまく重なり、おしりのように見えます。

超デカい犬

2人の間にとんでもなくデカい犬がいるように見えます。遠近法の関係と、奥に向かって坂道になっているせいでそのように見えてしまいます。

顔がふたつ

カメのお腹側の模様が反射し、顔のように見えます。

下半身すっぽんぽん

女性が下半身に何も身につけていないように見えます。実は、右の緑のジャケットを着た女性が足を曲げて、真ん中の女性がその足を抱えているので、錯覚を引き起こしています。

真ん中の白い服の女性の後ろにいる男性の立ち位置が、ややこしい位置にいるので混乱しますよね。

下半身すっぽんぽん パート2

海外の女性は写真を撮るときに足をよく曲げがち。そのせいでややこしい写真になっています。

左の白い服を着た女性の曲げた足が、右の女性の前にあるので錯覚しますね。

首から血が噴き出すマネキン

女性のマネキンの後方に、赤い放射状の植物があるから切断された首から血が噴き出しているように見えます。

おしりおとこ

赤ちゃんに、けつを向けているように見えませんか? 

男性が毛深いおかけで、薄い髪の頭と肩が”同じ部位”に見える。さらに男性の耳が”お尻の穴”のようにみえることから、お尻を赤ちゃんに向けていると認識してしまう。

美脚の男性

白いパンツを履いた美脚の男性が、女性の頭を下から抱えているように見えます。

これは男性が紫のシャツを着ているせいで、錯覚してしまうような気がします。この紫のシャツが女性用のシャツのように見えるので、女性が椅子に座っているように見えてしまいます。

実際は、青い服を着た女性が立っていて、男性の左肩側から触れています。

小人も釣りをする

この写真は、文章では説明しにくいので↓の画像をご覧ください。

合成された釣り人

中央の男性は、合成かな?と思ってしまうほどの奇跡がおこった写真です。

実際には、中央の男性は手前の2人より、高さが一段低い場所に立っています。

そして黒い服が、右の黒いサングラスを着た人の肩にできた影とピッタリ重なって、合成されたように見えます。

顔デカ赤ちゃん

抱きかかえられている赤ちゃんの顔がデカすぎて不安になります。

これは赤ちゃんの帽子の影がうまく顔の輪郭をぼかしているため、錯覚しているように見えます。

よーくサングラスの下を見てみると、”鼻”が重なって見えるのが分かりますか?

雑誌を読む犬

雑誌を読んでいる男性の手前に犬がいます。しかしその犬の体が手前の壁に隠れており、顔だけ見えている状態になっているので、雑誌を読んでいる男性とうまく重なって見えます。

エッフェル塔の下の顔

古い写真ですが、目を閉じた女性の顔がうっすら見えませんか?

これはおそらく偶然ではなく加工された写真ではないかと思います。

勢いが強すぎる放尿

ベストなタイミング撮られてますね。

飛行機をつかむ男

これものすごく難しいらしいですよ。

飛行機の航路や時間などを完璧に把握しておかないと、ベストショットは撮れないそうな。

双頭人間

これは撮ったら偶然双頭のようになったのか、意図的にこのように撮ったのかは不明です。

天空への道

“べた踏み坂”としても知られている有名な日本にある坂ですね。

実際はそこまで急こう配ではないのだとか。

謝罪会見でカツラが…

これはネットでとても話題になった画像です。

カツラがスポーン!ってとれているように見えますね。

ケルベルス犬

犬が火を噴いているように見えます。

悪相猫

猫がおらついてます。でも猫なので威圧感は皆無ですね。

タイトルとURLをコピーしました