海外の反応 サトシがポケモンリーグで優勝 「22年間も夢を追うことができるか?」

時事ニュース

私たちは夢を決してあきらめないように言われています。だけど、22年間も諦めずに頑張れますか?

我々は、ポケモンアニメの新しいエピソードでポケモンマスターになった”サトシ”ではありません。
サトシは漫画のキャラクターであり、ポケモンは本物ではありませんが、多くのファンにとっては大きな瞬間です。
1997年以来、サトシは一度もリーグで優勝してこなかったため、今回のサトシは最高だ。
最新のエピソードで、彼はアローラポケモンリーグで優勝しました。彼の冒険の大部分を通して、ポケモンのトレーニングが非常に苦手だったという事実にもかかわらず、優勝を果たしました。

教訓は自分を取り戻す

ピカチュウは常に魅力的だ。

「ポケモンをプレイすることは私にとって現実逃避の手段であったが、ポケモンは必ずしも物事がうまくいくとは限らないことも教えてくれました」

と、27歳のJake Saundersは言う。

「率直に言って、敗者になっても大丈夫でした。重要なのは、自分自身を取り戻し、足掻き続けること。」

Jake Saunders 「サトシは22年かかったが、現実の若者もサトシと同様、夢を叶える道のりは果てしない。」

ポケモンは、難しいテーマを子供に理解しやすくした。

28歳のローラ・ケイト・デールは、毎回失敗しても「失敗は賞賛できる」ことを、サトシは証明してくれたと言います。
「彼は常に負け犬でした。ジムバッジを獲得したのは半分でした。しかしサトシは戦いに勝つことにはこだわらず、ポケモン達と良い関係を構築するために奮闘する。」と彼女は言う。

「成長するのを見るのは本当に美しいものでした。サトシが最も強く、最も適格でなくても、あなたが最高の人であり続けようとしている限り、周りの人達にとっては”サトシは最高の人物”だ。」

ケイトは、サトシが”捨てられていたヒトカゲ”に出会ったエピソード がとても印象に残っていると言う。

「私が子供の頃、実の父親が死んだ。父親という存在を気にしなかった。」と彼女は言います。


ローラ・ケイト・デール
「やりたいことをやり続ければ達成可能」とローラは言う。

「ヒトカゲの話は、ヒトカゲの世話をするはずの本来のトレーナーが消えた後、サトシと出会い、先に進み、結果最高の生き方になる」ことを学びました。

本来、このようなテーマは、子供が理解するには難しいが、ポケモンはうまく扱っていた作品でした。

かつてのサトシのように夢を追いかける若者はたくさんいるはず。

ジェイク(先ほど紹介した男性)は

「私がポケモンを見始めたとき、私は8または9歳だったと思います。そして、ポケモンのサトシと同じような人生です。」と彼は言います。

「多くの若者がサトシのように、夢がなかなか叶わないという現実の中にいると思う。」

参考資料
BBCNEWS https://www.bbc.com/news/newsbeat-49719746
タイトルとURLをコピーしました