GoogleMapで沈没した車が発見され、中から行方不明になっていた人が発見される。

時事ニュース
1997年に40歳でフロリダで行方不明になったウィリアム・モルド
William Moldt氏は1997年、40歳のときフロリダで行方不明になった

 20年前にフロリダで行方不明になった男性の遺体は、Googleマップに映り込んでいた「沈没した車の中で発見されました。

 ウィリアム・モルト(当時40歳)は、1997年11月7日にフロリダ州ランタナで行方不明になった。そのとき彼はクラブで夜を過ごしており、帰宅途中で行方不明になったと推測されており、彼の捜査が警察によってされていましが、結局見つけることが出来ないままでした。

 行方不明になってから22年後である2019年8月28日、ウェリントンのムーンベイサークルの池で車が発見された。車両が水から引き出されたとき、骨格の残骸が内部に見つかりました。1週間後、遺体はモルド氏のものであると明確に特定されました。

 第一発見者は不動産調査員で、彼は「Google Earthを見ながら車を見た」という。

 さらに驚くべきことに、沈没した車両は、2007年以降のGoogle Earthの衛星写真から映り込んでいたのだが、2019年まで誰も気付いていなかったようです。

池に沈んでいる銀の車のように見えるものは、まだGoogleマップで見ることができます。

Googleマップのユーザーは、池の中の車のように見えるものを見ることができます

 パームビーチ郡保安官事務所は「モルド氏は車の制御を失い、池に追い込まれた」と推測。警察の広報は「何年も前に何が起こったのか、何が起こったのかを判断することはできません」 とコメントし、「私たちが知っているのは、彼が地球の表面から行方不明になったこと、そして今彼が発見されたことです。」とアメリカらしい言い回しで締めくくった。

 内気な性格だったというモルド氏、当時彼を目撃した人によると、クラブでは酔っているようには見えず、自分の車の中にひとりぼっちで残っていたのだとか。

モルド氏は21:30頃にガールフレンドに電話をかけ、「すぐに家に帰る」と伝えましたが、その後連絡が途絶えました。

彼の発見は家族には知らされましたが、ガールフレンドにも知らされたかは不明。

 https://www.bbc.com/news/world-us-canada-49677843  Google Maps shows sunken car where missing man’s body was found
タイトルとURLをコピーしました