海の生きもの 強さランキング 最強の生き物の順位をご紹介!

ランキング,リストアップ

第10位.オヒョウ

ベーリング海やオホーツク海といった極寒の海に生息する巨大カレイ。
極寒の海に生息しているだけに代謝・成長のサイクルは大変緩やかで、その平均寿命はなんと150歳にもなる。
また、その性格は獰猛そのもので釣り上げ時に漁師を襲うこともしばしば。

no title

第9位.イッカク

北極海に生息するクジラの仲間。
まるで角のように見えるアレは実は牙が進化したもの。
ただし、感覚器としての役割を持っているため武器として扱うことは出来ない。
最高時速は20kmを超える。

no title

第8位.ミズダコ

オヒョウと同じくオホーツク海やベーリング海に生息する世界最大のタコ
全身が筋肉というだけあってその力は大変強く、自分を襲ってきたイルカやサメを絞め殺し捕食することもしばしば
北海道や東北では食用として流通するが、やはり大味で身がブヨブヨとしているため価値は低い

shutterstock_1114243478

第7位.オオシャコガイ

珊瑚礁に生息する世界最大の貝類。
その重量は最大級の個体で200kgを超える。
また、肉が刺し身として食べられたり、貝殻が宝物として扱われたりと利用価値としても高い。

no title

第6位.タスマニアキングクラブ

その名の通りタスマニア島周辺の海域に生息する巨大なカニ。
その体重は最大級のもので13kgになり、これは2歳児女児と同程度の体重。
当然、ハサミの力も恐ろしく強く、その力は300kgを超えるんだとか。

no title

第5位.オキゴンドウ

『シャチモドキ』とも呼ばれる小型のクジラ。
その俗称の通りさまざまな面でシャチと似通っているが、やはりサイズ的な問題でシャチには到底敵わない(オキゴンドウはホホジロザメよりも少し大きい程度)。
しかし、スピードに関してはシャチを凌駕し、時速76kmという超スピードで海を駆ける。

no title

第4位.ホホジロザメ

言わずと知れた海の死神。
その体長は400-480cm、体重は680-1100kgになるなど魚類としては最大級の体格を誇る。
その牙はそのまま武器や剃刀としても使われる程に鋭く巨大である。
ただ、骨格がスカスカなため防御力は皆無と言ってもいいだろう。

no title
no title

第3位.ミナミゾウアザラシ

南極海に生息する非常に巨大な海獣。
その体重は最大で4000kgにもなり、コレは並のシャチと同程度の体格である。
また、海獣なだけあって潜水能力も非常に高く、マッコウクジラのように深海まで潜っては深海性サメを狩猟してくる。
時速は12Km以上。

no title

第2位.シャチ

世界全域の海域に生息する海洋の覇者。
その平均体長は600-800cm、平均体重は3600-5400kgになるなど凄まじい体格を誇る。
また、その重量にも関わらず時速60-70kmというスピードで泳ぎ、時には5m近いジャンプを見せることもあるなど高い身体能力を持つ。

no title

第1位.ブラックマーリン

数あるカジキの中で最も巨大で最も速いとされる種。最大体重750kg。
時速は魚類界最速の132km/hであり、これはシャチの2倍、イルカやサメの3倍の時速に相当する。
また、その気質は獰猛そのものでクジラやシャチを突き殺すこともしばしばあるという。

no title

no title

タイトルとURLをコピーしました