宮迫&亮の記者会見まとめ。両者の発言の内容とは。

時事ニュース

 振り込め詐欺グループのパーティーで会社を通さない「闇営業」をしたなどとして吉本興業から契約解消されたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)と、会合に参加したとして謹慎中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(47)は20日午後3時から、東京都内のイベント会場で会見を開いた。

時系列まとめ

記者会見での宮迫、亮の発言まとめ

  • 吉本は静観していたが、謹慎を告げた。
  • 亮が記者会見をしたいと吉本に請求したが、ダメだと言われた。
  • 吉本を止めてでも会見すると亮が言ったら、吉本の社長(岡本)が他のみんなも連帯責任でやめさせると発言。
  • 吉本は、宮迫らに、「テープとかで撮ってないだろうな?」と脅す。
  • 引退時期は吉本が決めることになったが、亮が吉本に不信感を抱く。
  • 両者は弁護士を雇う。
  • 2日前に弁護士のもとに、吉本から書面が届き、二人の引退会見か契約解除かどちらか選べと脅す。
  • 宮迫が、宮迫だけの引退会見をすると訴えるも、2時間後に引退会見をするなら戻ってきてくださいと言われる。
  • 亮とともに会社主導の生放送ですらない会見は意味がないと、会社を辞めて会見をすると宣言。
  • 宮迫「最初に金を貰っていないと言ってしまったのは、5年前の記憶だったのもあるが保身だった」
  • 宮迫は松本に電話をかけ、松本から「いくらもらったか、細かいことを全部言ったほうがいい」とアドバイスをもらったが、聞き流していた。
  • 亮は吉本に、闇営業でお金をもらった旨を告げた日にラジオで嘘をついてしまった。
  • 宮迫は謹慎が決まった日に松本に再度電話をし、嘘をついていたと謝罪。
  • 松本はノーギャラでも宮迫のカバーをすると言ってくれた。
  • 亮は会見前に、淳に「コンビが出来なくなるが本当のことを言いたい」と電話。淳は「個人的にはコンビ解散とは思っていない」
  • 宮迫「本当はこんなこと(吉本の体制に関する批判)を言う会見にしたかったわけじゃない。反社会との関わり、詐欺被害にあった方への謝罪をしたかっただけ。子供のころから憧れ、30年間育ててくれた吉本興業に感謝しかない。こんなことしたかったわけじゃない」
  • 吉本興業は弁護士が来ると態度が一変。吉本は弁護士としか喋らず、一方的な吉本にどんどん不信感がでてきた。
  • 吉本興業は「在京5社?テレビ局は吉本がスポンサーだから大丈夫や」と言われた
  • 亮は何が大丈夫なのかわからず、もともと好きだった会社なのにこんな風に変わるのかという不信感が募る。
  • 二人とも今後については何も考えられない。
  • 事実を言う、嘘をつかないという目的の会見だから信じてほしい。
  • 亮、会見中に田村亮の契約解除が吉本から発表される。契約解除自体は会社の会見に行かなかったからそうなると思っていたが、なぜ宮迫と同じタイミングで発表じゃないのかわからない。
  • 損害賠償に関しては支払うべきものがあるならば支払う。しかし記事が出た後にも吉本興業から収録には行けと言われていた。宮迫としては、大丈夫なのか?と思っていたので、記事が出た後の収録の損害賠償などがあるならば話し合いたい。
  • 反社の逮捕された社長に関しては、入江のスポンサーの会社、エステ会社として某ビジネス雑誌に載っていたので大丈夫だと思っていた。

フライデーは嘘を平気で流している。

 宮迫、亮は闇営業をおこなったことは事実であるが、それに乗じて、あたかも「半グレ金塊強盗犯とギャラ飲み」しているかのように取り上げている。

 しかし、この写真はキャバクラで、半グレ集団から一緒に写真を撮ってくれとせがまれただけに過ぎず、ギャラ飲みなどはしていない。

タイトルとURLをコピーしました